ミライ企業図鑑 | 地域の中小企業と若者のミライが共にひろがるプラットフォーム


ミライ企業図鑑

「商売繁盛創出企業」として、お客さまと共に成長する会社を目指して


「商売繁盛創出企業」として、お客さまと共に成長する会社を目指して

商品ラベルや業務用ラベル等、業務用シール制作を行う「大平シール印刷」(浦添市)。グランドデザインでもある「商売繁盛創出企業」として、お客さまの要望を解決できる手段を提供し、お客さまと共に成長している。「県内一、仕事に誇りを持ち、県内一、明るく活気があり、お客さまと共に成長する企業になる」と掲げる比嘉一成社長に、実現したいミライについて聞いた。

―――事業の目的は?

父が創業した時代は業務用シールを制作すること自体が沖縄では珍しく、商品価値がありましたが、私が会社を継いだ現在、シールを制作することだけではお客さまの満足度を高めることはできません。

主力商品とも言える「シール」自体の価値をさらに高めていくために、自社の事業を通してお客さまに還元できるサービスを改めて考えました。

その結果、“お客さまの商売繁盛を手助けする”ために、シールという手段を使ってお客さまのビジネスを支援していく力をさらに高めていくことにしました。

例えば将来、万が一「シール」がなくなったとしても、動画など時代に合ったさまざまなツールを活用する事も視野に入れています。弊社のグランドデザインでもある「商売繁盛創出企業」として、お客さまのビジネスをお手伝いできるような事業を展開することが目的です。

 

―――目的を果たすための方法は?

当社には、シール製作という従来の業務過程で得た多種多様な業種の膨大なデータや過去の制作物があります。

 

具体的には最近一番のニーズは、食品成分表示にまつわるシールです。

どのような食品にも成分表の表示義務が発生するのですが、県内にはまだ準備が整っていない会社が多くあります。

また、消毒用アルコールの需要が高まった際に、そのラベルの受注が急増するなど、シールから社会全体の動向やニーズを捉えることができるのも、この仕事の面白さだと思います。

さらに当社では、シール製作を依頼してくださるお客さまの事業の方向性を明確にした上で、お客さまの要望を「解決できる手段」を、当社に蓄積されたデータを活用してご提案しています。

―――実現したいミライは?

ビジョンとして「県内一、仕事に誇りを持ち、県内一、明るく活気があり、お客様と共に成長する企業になる」を社員全員で決めて掲げています。

 

現在はビジョンでは「県内一」を謳っているのですが、いずれはそれを「日本一」に更新したいです。年に一回のビジョン研修を通して会社の方向性や理念をしっかり共有して、社員同士の絆を深めています。同時に「この人に聞かないとわからない」という仕事をなくすために、マルチタスクで生産性の高い人材育成に力を入れています。

また私が入社した2012年当初は、社員15名のうち女性社員が3名という割合でしたが、現在は16名中8名が女性社員と、ここ数年で格段に女性社員の割合が増えました。意識的に目指したわけではないのですが、女性も働きやすい環境が整ってきています。実際に私が面接して採用したデザイン担当の女性社員は、当社の社員から女性初の役職者となり、活躍しています。

社員をモデルケースに、時代に即した雇用環境を整えていくつもりです。将来的には社員に「自分の子どもや親戚を入社させたい」と思ってもらえるような会社を目指しています。

 

企業/団体情報

企業/団体名 有限会社大平シール印刷
代表者 比嘉 一成
所在地 〒901-2122  浦添市勢理客4-9-16
電話番号 098-877-8727
従業員数 17名(※パート・アルバイトを含)
平均年齢 45歳(※パート・アルバイトを含)
URL http://www.oohirasp.com/
事業内容 印刷業(特殊印刷)
お問い合わせ