ミライ企業図鑑 | 地域の中小企業と若者のミライが共にひろがるプラットフォーム


ミライ企業図鑑

社員第一主義! モチベーションを高める「全員経営」を実践


社員第一主義! モチベーションを高める「全員経営」を実践

特殊鋼を販売する天彦産業(大阪市住之江区)は、創業147年を迎える老舗中小企業。“お互いさま”精神が女性の活躍を支えている点などが評価され、2016年には、ベストセラー『日本でいちばん大切にしたい会社』シリーズにも紹介された。「社員第一主義」を経営理念に掲げ、「経営者の仕事は社員のモチベーションを上げることと、すべての責任は自分でとること」だと話す樋口友夫社長の目指すミライについて聞いた。

ミライについて語る樋口友夫社長

――事業の目的は?

働きやすい職場をつくり、社員もその家族も幸福にすることです。当社「社員第一主義」を経営理念に掲げているのは、社員が高いモチベーションで働いてくれることが真の顧客満足を生み、業績アップにつながるからです。お客様第一主義を体現してくれる社員が働きやすい環境を整えることが会社の使命だと考えています

 

は5代目なのですが、父と兄が社長を務めていた頃に経験した2度の倒産危機を目の当たりにし、「会社経営は社長一人ではできない」と心底実感しました。10数年前、社長に就任するにあたり「私ひとりに経営させたらこの会社は絶対につぶれる」と社員の前で宣言しましたが、社員を大事にしてこそ、会社を守ることができる。だから、常に社員のことを一番に考えていますし、人事評価も減点方式ではなく、加点方式を採用しています。

 

――目的を果たすための方法は?

働きがい向上のため、部署の垣根を越えて推薦、投票する「月間ベスト社員」や、お世話になった関係者個人に感謝状を贈るといった表彰制度を実施したり、有給休暇を積極的に取るよう奨励したりしています。

 

私は今、「人を大切にする経営学会」の常任理事として企業の審査に携わっているのですが、収益力の高い優良企業でも、どうすれば社員の働きがいを向上させられるのか、悩んでいる企業は少なくありません。

 

働き方改革の一環として、育休や産休といった制度利用が推進されていますが、私がよく言うのは「制度を優先しすぎると失敗するので、まず風土づくりを先にした方がいいですよ」ということ。制度が「権利を主張するための武器」になっていて、経営側と従業員側の意向が噛み合わず、会社の空気が悪くなってしまっている例をよく見かけるのです。

 

私たちの場合、制度を使いやすい風土を作るため、「子どもの学校行事の日は必ず休む」というルールを設けました。すると「お互いさま」精神が自然と芽生え、有休消化率がアップ。「自分にしかできない仕事」は片付けたうえで休暇に入り、他でカバーできるところはカバーし合っています。お盆休み以外に2日休むリフレッシュ休暇や、年度初めに最大で12日間の休みを申請するメモリアル休暇などもみな積極的に取得しており、有休消化率は70%を超えています

――実現したいミライは?

鉄鋼メーカーの再編が進むなど、業界が縮小している今、顧客に必要とされる企業であり続けるために、かゆいところに手が届く流通でありたいと考えています。顧客に提供する価値には、価格品質といった「基本価値」、期待に応える「期待価値」、要望を先読みする「願望価値」、まさかここまでと感じさせる「予想外価値」の4段階がありますが、もっともハードルが高い「予想外価値」を高めていきたいのです。具体的には、他社とタイアップしたり、お客さまが使いやすいように加工したりすることで対応力を磨いていきたいと思っています。

 

そのためにも、昨年入社した新入社員には入社早々から新規開拓を担当してもらっています。彼らに期待しているのは売上などの「数字」ではなく、将来の布石になるような新しい視点や柔軟な思考を会社に持ち込んでくれること。業界を知らない、業界に染まっていない彼らだからこそ生まれる発想はありますし、彼らにとっても会社に貢献できている実感を味わう機会になると考えています。

 

――学生とともに実現したいことは?

当社の仕事内容は専門性が高いので、これまでインターン等を受け入れたことはありませんが、若手社員に同行していただければ、会社とは何か、仕事とは何かを感じてもらえるかもしれません。

 

大学の出張授業などでいつも学生の方にお話しているのは、「社会に出るにあたって、夢と志を必ず持ってください。会社はそれがない学生の採用をためらいます」ということ。ただ「夢や志=大きいもの、大きくなければいけないもの」だと考えないでください。たとえ小さいものでも、こうなりたいと思うことがあれば、それが夢や志です。

 

要するに、自分自身を前進させようとするエネルギーがあればそれでいいのです。会社はひとつの舞台です。仕事を通して達成感を味わうことで自身の成長につなげていってください。

企業/団体情報

企業/団体名 株式会社天彦産業
代表者 樋口 友夫
所在地 〒559-0032 大阪市住之江区南港南5-5-26 
電話番号 06-6613-2361
従業員数 40名(※パート・アルバイトを含)
平均年齢 42歳(※パート・アルバイトを含)
URL http://www.tenhiko.co.jp/
事業内容 国内外における特殊鋼 ステンレス シリコロイの素材販売 加工販売

このミライ企業で共にミライを創りませんか?

詳しくは下記フォームよりお問い合わせください。

このミライ企業に会いたい方は
こちらからお問い合わせ

区分必須
問い合わせ先
団体・企業名
お名前必須
所属(勤務先・大学)
お電話番号必須
メールアドレス必須
ミライ企業図鑑を
どちらで知りましたか?必須


興味を持った理由を
教えてください
ご質問等はこちらに
お書きください
お問い合わせ