ミライ企業図鑑 | 地域の中小企業と若者のミライが共にひろがるプラットフォーム


ミライ企業図鑑

ビジネスを通して新しい社会、働き方、価値観を創生したい


ビジネスを通して新しい社会、働き方、価値観を創生したい

大手通信事業者auのスマートフォン・タブレット・光回線などの受託販売や、沖縄の光通信「au ひかり ちゅら」の訪問販売を行う「琉球カンパニー」(中頭郡)。「会社の業績ではなく、お客さまのために」を貫く組織文化が定着。「日本の従来の雇用環境を壊し、若い世代が共感する働き方を作っていきたい」と話す園田年男社長に、目指すミライを聞いた。

 

 

――事業の目的は?

生活のインフラであるインターネット事業を通じて、沖縄で雇用を増やし、沖縄にお金が落ちるようにビジネスを育てることです。また、ビジネスを通して新しい経営のあり方、社会のあり方を表現していくことが目的です。

私は以前、福岡県でauの光通信を販売する会社の支店長をしており、販売代理店同士が競争しながら売り上げを伸ばすのが業界常識という環境で仕事をしていました。

その後沖縄の支店長となって、沖縄セルラー電話株式会社が提供する「auひかり ちゅら」の訪問販売に携わるのですが、沖縄セルラーは本体のKDDIとは別会社で、「沖縄のために」という声から生まれた地元密着企業。

販売方法も、互いに競争し合う福岡とは異なり、代理店同士がノウハウを提供し合って業績を上げていくやり方で、その方法に非常にカルチャーショックを受けたのです。「人間的で温かいな」と感動しました。

世界的に閉塞感が増し、競争社会で疲弊する人が多い中、沖縄は資本主義でも社会主義でもない本当のミライがあるのではないかと思い、沖縄のビジネスを学ぼうと、沖縄に移ってきました。経営も社会のあり方も、何かを変えていかなければいけません。その何かのためにやっていると思います。

 

――目的を果たすための方法は?

通信事業は新しいサービスが頻繁に登場しますが、多くのお客さまは内容を知らず、複雑すぎて調べてもわからないことばかりです。その情報の中でお客さまが得をするものだけを販売し、得をしないものは販売しない。お客さまのための提案をしていくようにしています。

そもそも、給料は会社からもらっているのではなく、信用をしてもらった対価としてお客さまからいただいているもの。だから、私が偉いわけではないし、私が強いわけでもありません。会社ではなくお客さまの方を向いて仕事をしてほしいし、「やらされている」と思う人が一人でもいるとお客さまに伝わります。そのために、私は決定権を持たないことにしています。

誇りをもって働けるかどうかは、決定権が自分にあるかどうかにあります。決定権を放棄すれば、私はいちばん弱い立場、ただの旗振り役にすぎません。お互いが信頼し合うためにはその方がいいと思っています。

 

――実現したいミライは?

日本の従来の雇用環境を壊したいと思っています。何かしらの我慢を元に成り立っている社会はすでに行き詰まっている。若い世代が共感する働き方を作っていきたいと思います。

仕事は経済活動ですが、そこに意味を持たせられるかは、人間の美しさだと思います。

誰かの役に立ちたい、自信を持ちたい、成長したい、何でもいいから少しだけ向上心を持った方が、人生も美しくなります。私も社員も皆同じで、少しだけでいいから、仕事を通して誰かの役に立ったり、感謝したり感謝されたり、よかったなと思える人生を過ごしたいと思っているはずです。「そのために何ができるのかな」という思いで仕事をしています。

事業で言えば、まずは沖縄のインフラをもっと整備していきながら、将来は何らかの事業でアジアに進出することが目標です。BtoBのIT事業、人材派遣事業などをスタートし、人材が不足している業界をIT技術でカバーしていくと同時に、いつかは国境をまたいだ人材派遣にも着手したい。今は「何ができるかな」とわくわくしています。

企業/団体情報

企業/団体名 株式会社琉球カンパニー
代表者 園田 年男
所在地 〒904-0116 中頭郡北谷町北谷1-12-9
電話番号 0120-717-765
従業員数 50名(※パート・アルバイトを含)
平均年齢 28歳(※パート・アルバイトを含)
URL https://ryuq.co.jp
事業内容 営業・販売受託
お問い合わせ