ミライ企業図鑑 | 地域の中小企業と若者のミライが共にひろがるプラットフォーム


ミライ企業図鑑

熱くて強いチームで あらゆる“漏れ”を解決


熱くて強いチームで あらゆる“漏れ”を解決

あらゆる産業におけるオイル、エア、冷媒ガスなど各種ガスや水などのリーク(漏れ)を解決する「リークラボ・ジャパン」(大阪市港区)。志のある強いチームをつくり、環境への調和と画期的なビジネスで飛躍的に成長する企業を目指す物部社長に、実現したいミライについて聞いた。

 

――事業の目的は?

経済や地球環境が後退局面にあるとされる中で、持続可能な社会に貢献する事業を通じて、「Mottainai(もったいない)」文化を伝播することです。

当社は、自動車やエアコン、機械などあらゆる産業における、オイル、エア、冷媒ガス、水などのさまざまなリーク(漏れ)を解決することを事業としています。具体的には、漏れの検知・防止・対策に役立つさまざまな製品の輸入販売、コンサルティング営業を行っています。

あらゆる産業において「漏れる」ことは「もったいない」ことです。例えばエア漏れは、日本の総電力のなんと約3%ものロスを生み出しています。この「漏れ」の解決は、企業の電気コストの無駄をおさえ、ひいては石油や天然ガスなど化石燃料の使用を低減できるなど、大きな可能性を秘めているのです。

そのため当社は、「漏れ」の解決を通じてサステイナブルな事業を作ることを事業の目的としています。

――目的を果たすための方法は?

持続可能な社会に貢献する「三方善し」のビジネスを日々懸命にやることです。また、それを遂行できる強いチームをつくることです。

 

強いチームのためには、従業員全員が仕事を「志事」と捉え、物心両面の幸せを追求できることが重要です。その鍵は、それぞれの人間性にあります。素直であること。感謝すること。足るを知ること。他人のために善きことを行うこと。優しさ。互いを尊重し合える環境。それらのために何か意図して実践していることはまだまだ少ないのですが、たとえば朝の就業前にフィロソフィーを輪読する「朝活」や各種の自発的な委員会活動、合宿、社員旅行などを通じて、また、私自身が社員にフラットに接することを通じて、徐々に浸透してきていると思います。

 

また、どんなに美辞を並べても、まずはもうからないと意味がありません。社会的に意義のある仕事を、ビジネスとして本気でやることが大切です。CSV(Creating Shared Value=共通価値の創造)という概念があります。これは経済効果と社会的価値を両立させる事業を行うことを提唱する概念で、社会的にも共通する価値を、慈善事業ではなく、本業を通じて創造することで、社会課題を解決しながら“ちゃんともうかる”企業になることが大切だと考えています。

――実現したいミライは?

最近は、「スローライフでハイパービジネス」ということを提唱しています。

 

将来への不安感が蔓延し、根詰めて働いても安心して子育てできる環境、介護できる環境にないのが今の日本の都会の姿だと感じます。その不安感が子どもたちにまで伝染し、ゲームに依存したり引きこもりになったりする子どもが増えています。また、病院のベッドでナースコールを押す前に息をひきとる高齢者が多いといいます。「ナースコールを押すと人に迷惑をかけてしまうので申し訳ない」というのです。極限の状態にあっても人に頼ることができず、孤独に最期を迎えなければならない社会はおかしいと思いませんか?

 

私は少し前から奈良県明日香村に縁があり、度々訪れています。そこは自然の恵みに囲まれたすばらしい土地で、いつしか社員とともに「ここに“ムラ”をつくりたい」と思うようになりました。

 

“ムラ”とは、土を耕しながら、3世代が同居し、子どもの面倒を祖父母や地域社会が看て、互いに迷惑をかけ合い、生きることと働くことが同じだった昔のコミュニティのように、社員皆が助け合い、子育ても介護もまるごと引き受けながらキャリアアップもでき、収入も人並み以上を得られる。そんなコミュニティを意味しています。

 

輸入業務が多い当社にはスリランカ人やロシア人も在籍しており、国際色が豊かです。“ムラ”では皆が助け合って、例えばスリランカ人やロシア人がそれぞれの料理を出し合ったり、大きな古民家を宿泊場所や会議室、学び舎として提供したり、採れたてマルシェをやったりする。それでいて、しっかりと高収益のビジネスをつくりだすのです。

 

ビジネスや生産性だけにフォーカスしていた時代から、それらを土台にしたうえで、ミライを共に創るコミュニティとしてビジネスがしたい。「スローライフでハイパービジネス」は、そんな思いを込めています。若い人たちとともに、ゆったりと手ごたえ感のある幸せを感じられ、地球の意志と調和するような、持続可能なミライをつくっていけるのが本望です。

企業/団体情報

企業/団体名 株式会社リークラボ・ジャパン
代表者 物部 智人
所在地 〒552-0002 大阪市港区市岡元町3-3-21
電話番号 06-6582-5497
従業員数 15名(※パート・アルバイトを含)
平均年齢 36歳(※パート・アルバイトを含)
URL http://leaklab-japan.jp/
事業内容 オイル・エア・冷媒ガス・各種ガスなどのリーク(漏れること)解決提案業
お問い合わせ