ミライ企業図鑑 | 地域の中小企業と若者のミライが共にひろがるプラットフォーム


ミライ企業図鑑

職人による金属加工で大阪から日本のものづくりを支えたい


職人による金属加工で大阪から日本のものづくりを支えたい

大正6年の創業以来、プラント関連や医療機器、航空機装備品など、様々な精密部品の機械加工を行ってきた中川鉄工(大阪市城東区)。伝統工芸などに比べて評価が低い金属加工職人の地位を底上げし、まごころを込めたものづくりで大阪の活性化に貢献したいと話す中川裕之社長の目指すミライについて聞いた。

画像①

――事業の目的は?

まごころを込めた職人の手によるものづくりで、高品質かつ付加価値の高い商品を提供し、大阪から「ものづくり立国 NIPPON」を支えたいと思っています。また、社員に対しても、心を磨く教育で、努力が報われる喜びを教えたいですね。

大阪はかつて「天下の台所」と言われるほどの経済圏でしたが、今はものづくり企業がどんどん東京に進出し、同業者も減ってしまった。しかし、かつての大阪のものづくりを支えたのは職人の技術です。それを継承しながら、大阪に活気を取り戻す手助けがしたいのです。

そのためには、職人をちゃんと育てていかなければならない。とはいえ最近は、人間同士の関係が希薄で、心が折れやすい若者が増えています。挫折から立ち直る経験は人を成長させるもの。高品質の商品を提供するスキルを身につけてもらうためにも、そうした経験ができる環境を整えてあげたいと思っています。

そのためにも、あいさつや脱いだ靴を揃えるといった、当社が創業から100年間守り続けてきた日本の古き良き伝統も伝えていきたい。それも、心を磨くことにつながるはずです。

 

――目的を果たすための方法は?

製品は様々な工程を経て完成するので、現場でのコミュニケーションなくして良いものは作れません。ですから、飲み会や慰安旅行を定期的に開催し、社員同士の親睦を深めています。

また、社員はみんな家族だと思っているので、違うと感じることがあったら、本気で叱ります。大切にしているのは、「怒る」のではなく「叱る」こと。相手の成長を願っているからこそ、見限ることなく、理解するまで本気で接します。

あいさつの大切さなどは口うるさくなってしまわないように、社歌の歌詞に入れて伝えています。「努力が報われる幸せを信じられる職場でいよう」など、私の思いも込めました。

こうした取り組みを続けることで、社員の意識も少しずつ変わってきたようです。当社は、「身の丈に合った経営」という方針なので、社員は15名程度。だからこそ、全員の顔が見え、変化も敏感に感じ取れます。また、小さいながらもエキスパートが揃った会社として、付加価値が高い仕事の相談も増えてきました。

 

画像②

 

――実現したいミライは?

金属加工職人のイメージアップを目指しています。同じものづくりでも、伝統工芸などに比べて、金属加工は職人の評価が低い。当社の金属加工は、社会のインフラを支える素晴らしい仕事だと自負しているので、イメージを底上げしたいのです。

とはいえ金属加工は、どうしても環境的にハードと言われるブルーワーカーの仕事。でも私は、だからこそ心が磨かれ、人間的に成長できると思っています。

社歌の歌詞に「先輩たちの背中が語る確かな技術を受け継いで、新しさと若さで未来を作ろう」というフレーズがありますが、そのようにして大阪の活性化に貢献していきたいですね。

 

ミライ企業宣言

長期
2025年8月までに今までの町工場のイメージを払拭した職場環境を確立する。
中期
2020年8月までに自社商品の販売開始。
短期
2018年8月までにtie-mglassに続く自社商品の開発。

企業/団体情報

企業/団体名 中川鉄工株式会社
代表者 中川 裕之
所在地 〒536-0008 大阪市城東区関目2-5-17
電話番号 06-6939-8519
従業員数 15名(※パート・アルバイトを含)
平均年齢 43歳(※パート・アルバイトを含)
URL http://nakagawa-iw.com/
事業内容 プラント向け等のステンレス、難削材の精密旋盤加工

このミライ企業で共にミライを創りませんか?

詳しくは下記フォームよりお問い合わせください。

このミライ企業に会いたい方は
こちらからお問い合わせ

区分必須
問い合わせ先
団体・企業名
お名前必須
所属(勤務先・大学)
お電話番号必須
メールアドレス必須
ミライ企業図鑑を
どちらで知りましたか?必須


興味を持った理由を
教えてください
ご質問等はこちらに
お書きください
お問い合わせ