ミライ企業図鑑 | 地域の中小企業と若者のミライが共にひろがるプラットフォーム


ミライ企業図鑑

家族愛をテーマに、すべての人の「居場所」を創る


家族愛をテーマに、すべての人の「居場所」を創る

大阪府内に海鮮居酒屋を二店舗展開する「フォーシックス」(羽曳野市)。スタッフはもちろん、その家族や取引先、お客様、地域の人々、株主などすべての人の幸福度を高め、地域の人々に愛され支えられる企業にしていきたいと話す柳川誉之社長に、目指すミライについて聞いた。

 

画像①

――事業の目的は?

「家族愛」をテーマにスタッフやお客様の居場所を創り、幸せになってもらいたい。それを取引先や地域の方、株主、そして社会全体まで広げていきたい。家族とは、血のつながった関係にとどまりません。ともに過ごすことで生まれる絆、これが「家族」ではないかと思います。

 

1991年から経営者となり、2012年に海鮮居酒屋の赤字店再建を請け負いました。業績はアップしたのですが、委託元の経営判断で閉店が決まりました。その年の8月の売上目標が達成できれば、スタッフのために懇親会を開きたいと考えていた矢先でした。

 

結局、目標にはギリギリ届かなかったのですが、休憩時間を使ってBBQをしたんです。スタッフのはしゃぐ姿を見て、店が彼らの居場所になっていると気づきました。ここを失ってもいいのだろうかと、何度も自問自答を繰り返していたところ、アルバイトの子が「柳川さん!見て!」と。空を見上げると、大きなきれいな虹が1本。眺めていると、虹の下にもう1本薄い虹がスッと伸び、それを見て、使命感が湧いたのです。「この場所を守ろう」と決意し、「居場所創造」が動き出した瞬間でした。

 

 

――目的を果たすための方法は?

教育に力を入れています。飲食業はスタッフを研修などに行かせるのが難しい環境ですが、その人の10年後を考えて、できるだけ教育を受けさせてあげたい。

 

これからのAI時代を生き抜くのに、考える力、自立心、思いやりの心といった「人間力」が必要。留学生インターンを受け入れ、入社1年半ほどの社員に采配を任せるなど、人間力を鍛えるためにさまざまな経験を積んでもらうようにしています。

 

障がい者雇用にも注力したいと考えていて、2015年から障がいを持ったスタッフを1人雇用しています。彼が働きやすいようにと、皆が現場オペレーションなどを考えるように。その結果、現場の空気が変わり、皆の幸福度も上がりました。

 

そのスタッフは今年、てつたろう梅田中崎町店に異動しました。これまでお客様を直接見ることが少ないポジションにいたのですが、彼の仕事ぶりを見て次のステップへ進んでもらおうと判断したのです。てつたろうでは店内が見渡せる洗い場で、状況を見ながら仕事してもらうように。時間がかかっても、彼の「正社員になりたい」という気持ちをサポートし続けたいです。

 

画像② (1)

 

――実現したいミライは?

飲食業で働く人は一般的な家庭を築きにくいんです。土日は休めないし、夜は遅い。そのすれ違いの積み重ねは、家族に大きな負担をかけます。運動会や授業参観があるときは気持ち良く休めて、たまには夜も早く帰れる。そういう環境を整えたいです。

 

また、飲食業というのは、社会的に下に見られやすい業種です。そのイメージを変えていきたい。仕事が楽しいからがんばれるとか、そういうことでごまかす時代は終わったと思います。自分の会社、仕事に誇りを持って働けるようにしていきたい。

 

そして、「ここにきたらホッとする」と、周りの人に必要とされ、地域の人に支えられる神社のような存在になっていきたいです。

 

ミライ企業宣言

長期
2022年3月までに、新事業部を発足する。
中期
2019年3月までに、新店舗をオープンする。
短期
2018年1月までに2名以上の新入社員(中途含む)を雇用する。

我が社のミライ人材

平田 昂大さん

アルバイトとして働いていた時に「新店舗のオープンを任せたい」と言われ、2年前の10月に社員になりました。飲食店を就職先にと決めていたわけではありませんが、新しい店を一から作れることや、自分の力を試せることに魅力を感じ、入社を決意しました。もともと調理スタッフとして働いていたのですが、社員になった今は接客が6割です。お客様に「おいしかった」「接客がいいね」とほめていただく時にやりがいを感じます。社長が店でお客様と一緒に食事をしていたときのことです。「これ作ったの誰や」と社長が調理場に入ってきたことがありました。おそるおそる「僕です」と名乗ると「今まで食べた中で一番おいしい」とほめてくれたんです。それ以来、社長との距離が以前より近くなったように感じています。社長から会社の方向性を聞くことも多くなりました。経営者とスタッフでは、「どこまで先を見据えているか」という視点にズレが出ることもあるので、すり合わせは大切だと思います。今後は新しいことをどんどん経験したいです。店舗数が増えれば人事や経理など新しい部署が増えますし、飲食以外の事業も立ち上げられたらと思っています。

企業/団体情報

企業/団体名 株式会社フォーシックス
代表者 柳川 誉之
所在地 〒583-0881 羽曳野市島泉8-13-1
電話番号 072-955-3040
従業員数 50名(※パート・アルバイトを含)
平均年齢 25歳(※パート・アルバイトを含)
URL http://forsix.jp
事業内容 海鮮居酒屋「てつたろう 梅田中崎町店」「阿波水産 藤井寺店」の運営

このミライ企業で共にミライを創りませんか?

詳しくは下記フォームよりお問い合わせください。

このミライ企業に会いたい方は
こちらからお問い合わせ

区分必須
問い合わせ先
団体・企業名
お名前必須
所属(勤務先・大学)
お電話番号必須
メールアドレス必須
ミライ企業図鑑を
どちらで知りましたか?必須


興味を持った理由を
教えてください
ご質問等はこちらに
お書きください
お問い合わせ