ミライ企業図鑑 | 地域の中小企業と若者のミライが共にひろがるプラットフォーム


ミライ企業図鑑

「ここで働くことが幸せ!」人の居場所を作る会社


「ここで働くことが幸せ!」人の居場所を作る会社

小型充填機の製造・販売を行う「ナオミ」(箕面市)。食品を瓶やレトルトパウチなどに詰める「小型充填機」に商品を絞り込み、きめ細やかなアフターサービスで全国の顧客に対応することで、着実に売り上げを伸ばしている。「働くみんなが幸せになる会社」を作りたいと話す駒井亨衣社長に、目指すミライについて聞いた。

 

新)画像①(駒井亨衣)

ミライについて語る駒井亨衣社長

 

――事業の目的は?

働くみんなが幸せになれる会社作りが目的。なぜなら「ここで働けて幸せ」と思えて、初めてお客様に良いものを提供できるからです。

 

先代社長だった私の父は、あの時代にありがちなワンマン経営者でした。父のもとで自主性が削がれていく社員を見て、これではいけないと衝突ばかり。ある日「それなら、お前がやれ!」と言われ、未熟なまま社長に就任しました。

 

私が社長としてのビジョンを見出したきっかけは、2人の子どもの不登校で深く悩んだことでした。あるとき、子どもは、束縛や制限ばかりする私の横暴さを許してくれているということに気づき、子どものありのままを認めようと思えるように。人はありのままを認められると、モチベーションが上がり、いきいきと自発的に動けるようになります。会社も同じだと思い、社員一人ひとりと向き合おうと決めました。


――目的を果たすための方法は?

幸せに働ける会社作りには、経営の安定が必須です。商品戦略をあえて狭い分野に絞り、小型充填機の開発・販売に特化。主なユーザーとなる女性が道具のように簡単に使えること、機械なのに持ち運びしやすく、場所を取らないコンパクトさ、一台で様々な食品に使用できる点が小規模食品事業者のニーズに合い、売り上げが増大しました。導入時の技術者立ち会い、販売後のきめこまやかな連絡・訪問といった他社にないサービスもお客様に感謝されています。こうした戦略は、経験の浅い私の代わりに川田専務が練ってくれました。

 

戦略と同時に「人」も重視。自由に発言ができ、やりたいことができる幸せを実現するため、年2回、全社員が仕事を休んで話をする「ナオミの日」を設けています。これは個々人のドラマに触れ、人柄を理解し、お互いの考え方を認めあう機会になっています。

 

実は、経営が安定してきた2014年頃、“みんなが羽やすめできる居場所づくり”として「学び舎 傍楽(はたらく)」を創設しました。子どもが不登校だったころ、悩みを抱えた親や若者の行き場の必要性を実感したんです。

 

傍楽は今、就活生・社会人から子育てママまで、様々な人の羽やすめの場になっています。ここでの出会いと話しあいでは社員が幸せであるためのヒントが次々に得られ、私自身にも刺激になっています。

 

新)画像②

 

 

――実現したいミライは?

今以上に、自由な発言と認め合いが当たり前の会社にすることです。

 

現在、事業は急速に伸びていますが、人や仕事が増える中で、会社を伸ばしたい気持ちはみんな同じなのですが、それぞれの部署の立場の違いから、意見がぶつかることが多くなってきました。それを解消するため、部署や立場の垣根をなくして話を聞き合う「傾聴会議」を月1回実施しています。会社は子育てと同じ。諦めず、根気よく、自由な空気を育てたいと思います。

 

会社の規模を大きくしようとは思っていません。人と人は、いつでも話せて一緒に何かできる状況でないと、だんだん心が離れます。だから、お互いの顔が見える「1クラス分」くらいの社員でちょうどいいのです。

 

ナオミはビジネスの場というより、社員の誰もが学び育つ「ナオミ学校」。「ここで働いてよかった」と言ってくれる社員と一緒に、日本になくてはならない会社として100年以上、立ち続けていけたらと考えています。

ミライを担う若者へのメッセージ

ミライ企業宣言

長期
2022年12月までに、新社屋を設立、また社内保育所を完備する。
中期
2019年12月までに、売上10億円達成。

我が社のミライ人材

下口 駿行さん

入社の決め手は、社員の笑顔でした。それまで勤めていた会社はピリピリした雰囲気だったので、「こんな会社もあるのか」と驚きました。入社後もギャップはなく、面接時に感じたのと同じ、明るい空気の中で仕事をしています。他に採用直前までいった会社もありますが、ナオミを選んで良かったと思います。 現在は充填機の営業をしています。問い合わせを受けてから機械を持って訪問し、使い方を間近で見ていただいてから見積りをします。前職は音響機器のセールスでしたが、顧客のニーズがあまりなかったことなどから営業に苦労したうえ、なかば押し売りのように売っていたところもあり、喜んではもらえませんでした。しかし、今の仕事ではお客様から「作業が楽になった」「ありがとう」と喜びの声をいただくことができるので、まるで人助けをしている気分です。何より、導入した製品を喜んでもらえるのは、私には経験のないことで、新鮮でもあり、やりがいの源になっています。 最近、営業部に新人が入社してきました。私も先輩たちに頼りながら仕事をしてきたので、今度は自分が頼られる先輩になり、やがては上の世代との懸け橋の役目も果たせるようになりたいです。同時に、会社は現在、みんなが幸せになれる環境、やりたいことができる環境を作るために「相手の意見を聞く」ことに取り組んでいます。自分自身も恐れず率直に思いを話し、否定せず聞くよう心がけることで、会社の取り組みに貢献していきたいと思います。

企業/団体情報

企業/団体名 株式会社ナオミ
代表者 駒井 亨衣
所在地 〒562-0031 箕面市小野原東1-2-83
電話番号 072-730-2703
従業員数 43名(※パート・アルバイトを含)
平均年齢 35歳(※パート・アルバイトを含)
URL https://www.naomi.co.jp/
事業内容 充填機総合メーカー

このミライ企業で共にミライを創りませんか?

詳しくは下記フォームよりお問い合わせください。

このミライ企業に会いたい方は
こちらからお問い合わせ

区分必須
問い合わせ先
団体・企業名
お名前必須
所属(勤務先・大学)
お電話番号必須
メールアドレス必須
ミライ企業図鑑を
どちらで知りましたか?必須


興味を持った理由を
教えてください
ご質問等はこちらに
お書きください
お問い合わせ