ミライ企業図鑑 | 地域の中小企業と若者のミライが共にひろがるプラットフォーム


ミライ企業図鑑

「したことない」をへらし、自分らしく生きる人を増やしたい


「したことない」をへらし、自分らしく生きる人を増やしたい

集客や顧客管理のコンサルティングを行うIT企業「シンクスマイル」(大阪市中央区)。「褒める」「ありがとう」を見える化したSNSを開発し、多くの企業の社員定着率アップに貢献している。「当社は“褒める”が8万個溜まっている会社です」と話す新子明希社長の目指すミライについて聞いた。

画像①
ミライについて語る新子明希社長

――事業の目的は?

したことない。をへらしながら、100万人の「ありがとう」を可視化して、活き活きと働く人を増やすことが目的です。新しい挑戦は、自分の長所や課題の発見につながり、自分らしく生きる人を増やすきっかけになるからです。

17歳のときのアメリカ旅行で「経営者は幸せの専門家」という言葉を耳にし、感銘を受けて19歳で起業。楽しく売ることだけにこだわっていたら、宝石から教材まで何でもどんどん売れました。しかし、売れるからこそ、本当に人に喜ばれるものを売りたいと思うようになったのです。

同時に、社員が会社を卒業した時に自信を持てているような「いい会社」を作りたいと思いました。そのためには経験が必要で、経験には挑戦が必須だと考えたのです。

――目的を果たすための方法は?

行動指針を楽しく浸透させるためにHoooPというSNSを作りました。10の行動指針をアイコンバッジにし、いずれかの行動指針を実現した人に、社員同士でバッジを贈り合うシステムです。

バッジのやりとりはタイムラインで確認できるので、「ありがとう」が目に見え、社内に感謝の文化が生まれました。また、集まったバッジを見れば自分の強みが見えてきて、チームに貢献している実感も得られます。現場との接点が少ない経営陣も、バッジを見れば現場で認められている人がわかるのです。

コンサル的なスキルが必要な当社では、一人前になるまでに、平均2年必要でした。しかし、HoooP導入後は、新入社員が半年で戦力になるように。この効果が社外でも評判を呼び、「社内モチベーションSNS」として販売するようになりました。導入した企業からは、社員定着率が19%改善、採用数が増えたなどの喜びの声をいただいています。導入企業は現在500社で利用者は15,000人。58万個のありがとうが可視化されています。

画像②

――実現したいミライは?

HoooPで、社員それぞれの強みを数値化できるようにしたいですね。例えば「熱血」バッジが多い社員なら、「今は熱血が80ポイントだから、次は90ポイントを目指そう」という具合に。そうなれば、個人の目標も、誰のどこを伸ばしてあげればいいのかも具体的に見えてきます。

とはいえ、1日に贈れるバッジの量が企業によって異なるので、整合性が取れにくいという課題もあります。アカデミックな知識を持つ方とタッグを組むなどして、実現に向けて動きたいと考えています。

そうして、「やめたい」「ストレス」などの仕事のネガティブワードを世の中から減らしたい。仕事で輝く人をもっと増やしていきたいですね。

ミライを担う若者へのメッセージ

ミライ企業宣言

長期
2019年12月までに、サービス利用企業2.5万社、アカウント100万人を突破する。
中期
2019年6月までに、東証マザース上場。世界中の働く人の「ありがとう」を可視化。
短期
2017年1月までに、組織の温度を可視化する表彰アプリ【Recog】リリース。

企業/団体情報

企業/団体名 株式会社シンクスマイル
代表者 新子 明希
所在地 〒542-0081 大阪市中央区南船場 3-6-10 エミネント心斎橋ビル8F
電話番号 06-6281-4600
従業員数 78名(※パート・アルバイトを含)
平均年齢 30歳(※パート・アルバイトを含)
URL http://5smile.com/
事業内容 ・社員モチベーションアップシステム「HoooP(フープ)」の運営
・リピーターファン創造ツール「Ziriri(ジリリ)」
・日本初お試しサイト「Tryfeel.collection(トラコレ)」の運営
お問い合わせ