ミライ企業図鑑 | 地域の中小企業と若者のミライが共にひろがるプラットフォーム


ミライ企業図鑑

ニーズをキャッチした特殊食品で顧客のQOL(生活の質)を向上


ニーズをキャッチした特殊食品で顧客のQOL(生活の質)を向上

病院や老人福祉施設向けに介護食や治療食などの特殊食品を販売する「三嶋商事」(堺市中区)。2008年からは、在宅での利用者に向けてネット販売も行っている。売り上げよりも顧客のQOL(生活の質)向上を目的とし、「顧客が本当に求めているものを理解して提供したい」と話す三嶋賴之社長の目指すミライについて聞いた。

新)画像①_サイト用

ミライについて語る三嶋賴之社長

――事業の目的は?

当社の理念は「地域医療に貢献できる企業になる、みんながハピネス」です。特殊食品は、必要な人にとっては、なくてはならない大切なもの。だからこそ、医療の輪の中にいる自覚をもちながら、各地域の患者さんに商品を届けていきたいと考えています。

 会社を引き継いだ当時は、社員が定着せず、専門的な知識がなかなか積み上がりませんでした。社員の行動規範になるような理念もなかったので、私と社員の思いが一致していなかったのです。そこで、私の中にあった、会社のあるべき姿を理念として明文化しました。

 この理念の元、お客様に「三嶋商事から商品を購入して良かった」、社員に「三嶋商事に入社して良かった」と言ってもらえる会社を目指しています。

 

 

――目的を果たすための方法は?

社員の行動指針として、「サプライズ・感動・喜び」「会社はファミリー」など、10項目のコアバリューを作り、評価制度に落とし込みました。10月に実施した経営方針発表会では、このコアバリューに沿ってどんな行動をしたのかというエピソードを書いてくれた社員を表彰。価値観がなお一層、社員に浸透したようです。

 また、売り上げだけではなく、顧客のQOL(生活の質)向上を目指す取り組みの一つとして、慢性腎不全の患者さん向けに「通常米の50分の1」という低たんぱく米を自社ブランドで開発。2016年10月に発売しました。

 これは、ネット通販をする中で「お客様が商品を手にした時、そして食べた時に嬉しい気持ちになってほしい」という想いから生まれた商品。これまでの治療食は、食本来の「食べる喜び」を感じられるようなものではなかったので、低たんぱくでありながら食感やうまみを逃さない工夫とパッケージデザインにこだわりました。

――実現したいミライは?

今、高齢者の5人に1人が低栄養状態と言われていて、国も介護食など、特殊食品の普及を後押ししています。背景にあるのは医療費の問題。高齢者がしっかりと栄養を摂っていれば医療機関を受診する人が減り、医療費も下がります。特殊食品はこれからますます必要とされる商品なのです。

 今後は最低でも1年に1つは自社ブランド商品を開発する予定です。

社員たちも成長し、今ではみんな「人を救うぞ」という気持ちが顔つきでわかるほどです。本当に良いメンバーが集まっています。彼らの思いを形にするため、2018年4月に事務所を移転・拡大し「働く職場改革」をしました。空間をしっかりデザインし、音楽やアロマでリラックスして集中できる職場にしています。これはインナーブランディングの一環ですが、訪れたお客さまにも当社のブランドをさらに理解してもらえるようになりました。倉庫も大きくなったので、扱う商品を順次増やしていきたいと思います。これからもお客さまのQOL向上を支え続けられる会社でありたいですね。

ミライを担う若者へのメッセージ

企業/団体情報

企業/団体名 三嶋商事株式会社
代表者 三嶋 賴之
所在地 〒599-8237 堺市中区深井水池町3178
電話番号 072-276-7177
従業員数 37名
平均年齢 41歳
URL http://www.mishima-s.com/
事業内容 特殊食品の卸売業を主要事業として、介護食、栄養補給食品、たんぱく調整食品、低カロリー食品、非常用食品の病院・老人福祉施設・在宅への販売業務

このミライ企業で共にミライを創りませんか?

詳しくは下記フォームよりお問い合わせください。

このミライ企業に会いたい方は
こちらからお問い合わせ

区分必須
問い合わせ先
団体・企業名
お名前必須
所属(勤務先・大学)
お電話番号必須
メールアドレス必須
ミライ企業図鑑を
どちらで知りましたか?必須


興味を持った理由を
教えてください
ご質問等はこちらに
お書きください
お問い合わせ