ミライ企業図鑑 | 地域の中小企業と若者のミライが共にひろがるプラットフォーム


ミライ企業図鑑

日本一の感動企業を目指す! 存在そのもので社会に貢献。


日本一の感動企業を目指す! 存在そのもので社会に貢献。

ビルメンテナンス事業と鳥害対策事業、保育園事業を通して「日本一の感動企業」を目指す「ベルグループ」(東大阪市)。関わるすべての人が幸せに暮らす「ベルシティ」を実現し、存在そのもので社会に貢献したいと話す、奥斗志雄社長の目指すミライについて聞いた。

ミライについて語る奥斗志雄社長

――事業の目的は?

当社のミッションは「和を大切にし、人も建物も明るく元気にすること」です。お客さま第一はもちろんですが、そのためにはまず社員一人ひとりが幸せでなければと考えています。

 

 かつてバブル崩壊の影響を受け、倒産の危機に立たされたことがあります。そのとき、何を大切に考えて経営を行うべきか改めて考え、目先の売り上げよりも社員が誇りを持ち、幸せを実感できる会社を作ろうと腹をくくったのです。

 社員は大切な家族の一員。だからこそ、「我が子なら」と本気で思い、一人ひとりの個性を認め、尊重し、良いところを伸ばし、成長してもらいます。社員が成長することでお客さまにも良い影響を与え、社会全体を「明るく元気にする」ことができると考えています。

 

――目的を果たすための方法は?

ミッションの達成に向けて、毎朝行っているのが「元気になる朝礼」です。そこで私たちの信念・信条を書いた『ゴールドスタンダード』の読み合わせをして、経営理念の浸透を図っています。

 

ほかにも社員の誕生日を祝うイベントなどたくさんの行事を開催しています。お客さまに感動を与えるサービスを提供するためにも、社員一人ひとりが感動する機会をなるべく多くつくっているのです。

 

従業員は社会の財産です。それぞれの才能を最大限に発揮できる環境をつくることで、一人ひとりが安心しながら誇りを持って働くことができ、ますますお客さまのお役に立てると考えています。

 

「清掃業」は、どちらかというと低く見られる仕事です。昔はよく「年取ったら掃除させてな。雇ってな」と言われましたが、私たちはそんな甘い気持ちで「清掃業」をやっていません。心地よい環境をつくるため、プロの自覚や誇りを持って働いています。目指しているのは、お客さまの想像を超えるサービスを提供し、「ありがとう」「そこまでするか!」「さすがプロ!」と言われること。

 

そんな私たちの姿勢はコロナ禍で試されました。病院などの清掃現場で働いている高齢者の方々の感染リスクが高まるので、本人はもちろん家族も不安にさせてしまう。でも、こんなときこそ役立てるのが企業としての存在価値ではないか−−。葛藤の末、感染防止対策を最大限行ったうえで清掃だけでなく感染予防のための消毒作業もお引き受けし、仕事を継続。その姿勢が信頼を得て、コロナによって激減した以上の仕事をいただくことができました。

 

その過程では、マスクや消毒液に「ミッションを果たしましょう」という手紙を添えて清掃スタッフに手渡しするとともに、正しい知識を得ていただけるように勉強会を開きました。スタッフの家族は「そこまでやってくれる会社はないよ」と言ってくださっていたようで、コロナによって現場の士気があがり、会社への愛着を深めていただいたように感じています。

 

――実現したいミライは?

社員の幸せを第一に、ブレーキを踏みながらも、会社を無理なく成長させてきたからか、経営理念は浸透し、社員一人ひとりの力も高まってきました。会社の持続可能性が高まる「売上10億円」が当面の目標ですが、あくまでも優先すべきは人の成長やサービスの充実です。

 

子どもたちの未来を照らすのは、誇りを持って生き生きと働く大人の背中です。まわりと一緒に幸せになりたい、家族や仲間を大切にしたいという思いを大切にしながら、社会に役立つことで自分自身の存在価値を感じることが、人間本来の生き方だと思います。

 

「感動の連鎖を地域社会に広げていきたい」というビジョンを形にしたのが、社員も含めて関わるすべての人が幸せに暮らす「ベルシティ」構想。その第一弾として、2019年春に企業主導型保育所を開所し、地域の保育だけでなく社員の健康面もサポートしています。

 

目指す未来に向かって既存事業も加速させています。鳥害対策事業や外国人採用、不動産管理業やマリンクリーン事業などの新事業を発展させ、収益とパートナーを増やしていく予定です。特化した事業を多角的に展開していくことでますます経営を安定化し、従業員が安心して働ける環境づくりにつなげていきたいと考えています。

 

――学生とともに実現したいことは?

以前、インターンで受け入れた学生には、戦略会議に参加してもらったり、鳥害対策の世界市場動向を調べてもらったりしたことがあります。

 

今後、事業を成長させていく過程で、新しい鳥害対策商品の開発やドローンがカラスに与える影響の現場検証などに取り組んでいく予定です。「ベルシティ」構想の実現のためには、若い人の力も必要です。新たなチャレンジを通じて、人間として成長したい人をお待ちしています。

企業/団体情報

企業/団体名 株式会社ベル
代表者 奥 斗志雄
所在地 〒578-0983 東大阪市吉田下島14-7
電話番号 072-961-7171
従業員数 265名(※パート・アルバイトを含)
平均年齢 38歳(※パート・アルバイトを含)
URL http://www.ai-kando.jp/
事業内容 総合ビルメンテナンス業、鳥害対策業、保育事業、デイサービス事業

このミライ企業で共にミライを創りませんか?

詳しくは下記フォームよりお問い合わせください。

このミライ企業に会いたい方は
こちらからお問い合わせ

区分必須
問い合わせ先
団体・企業名
お名前必須
所属(勤務先・大学)
お電話番号必須
メールアドレス必須
ミライ企業図鑑を
どちらで知りましたか?必須


興味を持った理由を
教えてください
ご質問等はこちらに
お書きください
お問い合わせ