ミライ企業図鑑 | 地域の中小企業と若者のミライが共にひろがるプラットフォーム


ミライ企業図鑑

魅力的な古紙再生商品で、リサイクルを日本の文化に


魅力的な古紙再生商品で、リサイクルを日本の文化に

梅の種やコーヒー粕などの廃棄物を炭として再資源化し、紙にすき込んだ炭再生紙など、さまざまな古紙再生商品を生み出す「山陽製紙」(泉南市)。

古紙の価値を上げる商品開発によって、地球環境に貢献したいと話す、原田六次郎社長の目指すミライについて聞いた。

ミライについて語る原田社長

ミライについて語る原田社長

――事業の目的は?

「紙創りを通してお客様と喜びを共有し、環境に配慮した循環型社会に貢献する」ことが当社の理念です。昭和26年から、古紙再生メーカーとして、セメント袋に使用するクレープ紙を主力に製造してきましたが、バブル崩壊後、市場規模は縮小。おまけに、大量のエネルギーを使う製紙業は環境にかける負荷が大きく、会社の存続だけではなく、社会に存在していいのかどうかにも自信が持てなくなりそうでした。

そこで会社設立50周年を機に、企業理念について社員たちと議論。当社の強みである小ロット生産や研究開発力など紙再生の技術を生かし、我々だからこそできる資源の再生を考え、人と社会に貢献できる企業になろうと考えました。その後も「理念祭」という社内行事を毎年行うことで、理念への理解を深め続けています。

 

――目的を果たすための方法は?

古紙の価値を上げるリサイクル(アップサイクル)に取り組んでいます。トイレットペーパーなどへのリサイクル(ダウンサイクル)ではなく、お客様が使いたくなる魅力的な商品に再生することで、環境問題への関心がさらに高まるのではないかと考えています。

例えば、食品加工の際に出る、梅の種やコーヒー粕などの廃棄物を炭として再資源化し、それを紙にすき込んだ炭再生紙は、消臭・調湿効果も期待できると、さまざまな用途で使用されています。また2015年には、工業用紙の端材を有効活用した「ファクタス」という新しいブランドも立ち上げました。

これらの新商品の発案者は、工場を含めた全スタッフ。みんなでアイデアを出し合い商品化へとつなげることで、「古紙再生で社会に貢献を」という会社の方向性を共有しています。

10年ほど前から、地域の川清掃も実施。また、今年は初めてNPO法人、地元小学校と共同で、出前授業型キャリア教育プログラムを実施しました。社員も地域社会や環境に貢献する喜びを感じています。

 

紙 リサイクル

 

――実現したいミライは?

当社にはカミでエコする「KAMIDECO(カミデコ)」という自社ブランドがあります。これは会員企業から不用なコピー紙を回収し、ノート・封筒といった紙製品に再生して、回収元に再び届けるサービスです。現在の100社から1万社に会員企業を増やすことが目標です。

今年は工場に「サンヨーペーパーギャラリー」を新設し、この春からは、より積極的に工場見学を受け入れる予定です。自分たちの出した廃棄物がリサイクルされ生まれ変わる様子を見える化することで、環境活動に貢献している喜びを実感してもらいたいという想いからです。

そうした商品やサービスを通じて、紙のリサイクルが日本の文化として根付いていくこと、それが理想のミライです。

 

ミライを担う若者へのメッセージ

ミライ企業宣言

長期
2025年9月までに、KAMIDECO会員1万社を達成する。
中期
2019年9月までに、全社員がエコ検定、CSR検定3級に合格する。
短期
2017年12月末までに、全社員、家族、OBさんと一緒に会社設立60周年祝賀会を開催する。

企業/団体情報

企業/団体名 山陽製紙株式会社
代表者 原田 六次郎
所在地 〒590-0526 泉南市男里6-4-25
電話番号 072-482-7201
従業員数 45名(※パート・アルバイトを含)
平均年齢 41歳(※パート・アルバイトを含)
URL http://www.sanyo-paper.co.jp/
事業内容 紙再生サービス

このミライ企業で共にミライを創りませんか?

詳しくは下記フォームよりお問い合わせください。

このミライ企業に会いたい方は
こちらからお問い合わせ

区分必須
問い合わせ先
団体・企業名
お名前必須
所属(勤務先・大学)
お電話番号必須
メールアドレス必須
ミライ企業図鑑を
どちらで知りましたか?必須


興味を持った理由を
教えてください
ご質問等はこちらに
お書きください
お問い合わせ