ミライ企業図鑑 | 地域の中小企業と若者のミライが共にひろがるプラットフォーム


ミライ企業図鑑

「環境に配慮する」事業を通して、胸を張れる生き方を


「環境に配慮する」事業を通して、胸を張れる生き方を

「デザイン」「機能」「用途」を組み合わせた高付加価値な再生紙商品を開発・販売する創業1928(昭和3)年の紙再生サービスメーカー「山陽製紙」(泉南市)。「地球環境に配慮した再生紙の製品化を通し、循環型社会に貢献したい」と話す、原田六次郎社長の目指すミライについて聞いた。

 

ミライについて語る原田六次郎社長

――事業の目的は?

経営理念にも掲げているように、「紙創りを通してお客様と喜びを共有し、環境に配慮した循環型社会に貢献する」ことです。

 

1951(昭和26)年から古紙再生メーカーとして、セメント袋に使用するクレープ紙を主に製造してきましたが、バブル崩壊後、市場は縮小。おまけに、大量の水と電力を消費する製紙業は環境への負荷が大きく、「どうすれば会社を存続させられるのか」を検討するより前に、「社会に存在していいのか」という問いに対する答えが見つからなかったのです。

 

 そこで2007年、会社設立50周年を迎えたのを機に、社員と企業理念を練りました。当社の強みである小ロット生産や研究開発力など紙再生の技術を生かし、我々だからこそできる資源の再生を通し、人と社会に貢献できる企業になろうと決めたのです

 

以来、eco検定・CSR検定などの社員教育に力を入れたり、経営理念への理解を深める「理念祭」を毎年開催したりすることで、理念は徐々に浸透してきているように感じています。

 

――目的を果たすための方法は?

単なるリサイクルではなく、古紙の価値を上げる「アップサイクル」に取り組んでいます。環境問題への関心をさらに高めるべく、お客さまが使いたくなるような魅力的な商品に再生しています。

 

 2004年に発売した消臭・調湿機能付きの再生紙製品「SUMIDECO(スミデコ)」はその一例です。食品加工の際に出る梅の種などの産業廃棄物を炭化し、紙にすき込んでいるのです

 

次いで2016年には、電線の包装などに使用される再生紙「工業用クレープ紙」を活用したブランド「crep(クレプ)」を立ち上げました。商品化したピクニックラグは、軽くて丈夫なだけでなく、再生紙特有の風合いと、人気作家ともコラボした多様なデザインが好評を博しています。

 

 また、2017年から、使用する電力を、大手電力会社原子力、火力発電で生み出した電力から、長野県の水芭蕉水力発電所で生産された電力に切り替えました。事業活動で使用する電力をすべて再生可能エネルギーで賄うことを目指す「RE100」の中小企業版である「RE Action」にも参加しています。コストは上がるぶん、節電意識高まっています。

 

さらに当社の年間総売上の30%にものぼる費用をかけて、2018年から新たな排水処理設備を稼働しています。直接、生産性の向上に結びつくわけでもないので、「無茶な投資ではないか」と不安に感じた社員もいたように思います。しかし、理念と行動が一致していると社員も仕事に胸を張れますし、工場見学に来た大手企業の方から「ここまでやりますか」と言っていただけるなど、取引における安心材料にもなります。また、突き抜けたことをやっていると業界内での認知度も高まるので、「広告宣伝」にもなるのです。

新)画像②

――実現したいミライは?

2012年から企業から回収した不用なコピー紙を、ノート・封筒といった紙製品に再生して回収元に再び届けるサービスを開始し、売上の1%を環境活動に取り組む団体に寄付しています。2018年には「PELP!(ペルプ)」というサービスにリブランディングし、会員となる参加企業を200社にまで増やしました。強く意識すればするほど、思いが通じる人や会社と出会えることを実感しています。

 

しかし、目標の1000社には遠く及ばない状況です。これまでは1社ごとに直接提案していましたが、自社だけでは限りがあるので、特に積極的に取り組んでいる約30社の事例発表の場を設けるなどして、「会員が会員を呼ぶ」形をつくっていきたいと考えています。

 

7年後の2028年に創業100周年を迎えるにあたり、幹部を中心に「2028年ビジョン」を策定しています。次代を担う社員には、「モノづくり」より「コトづくり」を意識し、新しい事業に挑戦してもらいたいですね。「世の中の役に立つ、社会課題を解決する」という根本的な部分さえ外さなければ、製紙業にこだわらなくてもいいと思っています。

 

――学生とともに実現したいことは?

かなり前のことですが、大阪府立大学の学生と紙袋を共同制作し、商品として販売したことがあります。デザインや商品開発、市場調査も含めたマーケティングなど、得意分野を生かすことで、Win-Winの取り組みができればと思っています。

企業/団体情報

企業/団体名 山陽製紙株式会社
代表者 原田 六次郎
所在地 〒590-0526 泉南市男里6-4-25
電話番号 072-482-7201
従業員数 45名(※パート・アルバイトを含)
平均年齢 41歳(※パート・アルバイトを含)
URL http://www.sanyo-paper.co.jp/
事業内容 紙再生サービス

このミライ企業で共にミライを創りませんか?

詳しくは下記フォームよりお問い合わせください。

このミライ企業に会いたい方は
こちらからお問い合わせ

区分必須
問い合わせ先
団体・企業名
お名前必須
所属(勤務先・大学)
お電話番号必須
メールアドレス必須
ミライ企業図鑑を
どちらで知りましたか?必須


興味を持った理由を
教えてください
ご質問等はこちらに
お書きください
お問い合わせ