ミライ企業図鑑 | 地域の中小企業と若者のミライが共にひろがるプラットフォーム


ミライ企業図鑑

めちゃめちゃやばい“素敵な街”をつくる美容室


めちゃめちゃやばい“素敵な街”をつくる美容室

街に愛され、必要とされる美容室になりたい——。そんなビジョンを描き、住宅地を中心に9店舗の美容室を展開する「スニップ」(大阪市都島区)。顧客、ともに働く仲間、地域の人など、かかわるすべての人を幸せにしたいと語る、清水幸樹会長の目指すミライについて聞いた。

 

新)画像①
ミライについて語る清水幸樹会長

――会社の目的は?

美容を通じて、夢と感動と笑顔を広げるのが目的です。開業当時は家族を守るために働いていましたが、ある日スタッフに「会社は将来どうなるのですか?」と聞かれ、彼らの生活や将来も会社が支えていることに気づきました。

スタッフが幸せになるためには、まず顧客の幸せを実現する必要があります。そのためには「スタッフの成長」が不可欠だと気づき、どうすればスタッフが成長するかをテーマに経営を学び直しました。

また、業績拡大のため梅田などの都心に出店しようか迷ったときも、当社の成長を支えてくれたのは地元の人だったと再認識。以来、地域の街を中心に店舗を拡大していこうと決めました。地域の幸せや豊かさを守り、笑顔あふれる街づくりに貢献しようと考えるようになったのです。

 

――目的を果たすための方法は?

2010年から会社の新ビジョンを「めちゃめちゃやばいグッドカンパニー」に決めました。それまでは、成功している他社に習って経営してきましたが、美容バブルに陰りが見えはじめ、それまでの成功方程式が通用しなくなりました。

それなら独自の道を歩もうと考え、新ビジョンを社員の前で宣言。結果、これが共感を呼び「これ楽しくないですか?」と、社員がどんどん良いアイデアを提案してくれるようになりました。

人の成長が軸になるので、教育方針も「教えない」に変更。何か聞かれても「自分で考えて」と答えています。始めはみんな戸惑いますが、失敗を重ね、自分で答えを探すうちに着実に力をつけていく。今では問題が起きても社員が解決してくれるようになりました。業績にも波がなくなり、堅実に伸びています。

4月には社長を譲り、会長になりました。それから会社の経営にも口を出さなくなりました。でも毎日することがなくなって、少し戸惑っています。

 

新)画像②

――実現したいミライは?

会長になると、一歩引いて会社を見ることができるようになりました。自分の役割は、社員の幸せなど、目に見えないもの、数字で測れないものを見ること。その立場になってから、お客様、ともに働く仲間、地域の人などかかわるすべての人を幸せにする会社にならなければと、より強く思うようになりました。

美容業界は人の入れ替わりが激しく、1年で半分の人が辞めると言われています。それは美容師にとっても、美容室を利用する地域の人にとっても不幸なことです。スタッフが長く働き続けてくれている当社の経験をもとに、他の美容室にも「人が成長するプログラム」を提供したいです。

当社にとってはライバルが増えますが、それぞれのお店が切磋琢磨することで地域に愛される美容室が増え、めちゃめちゃやばい“素敵な街”を一緒につくっていくことが理想のミライです。

当社のスタッフもより人間的な成長が求められます。私の役割は、「何のために働くのか」「どうなりたいか」を問いかけること。自分で見つけることに意味があるので、もちろん答えは教えません。

 

ミライを担う若者へのメッセージ

ミライ企業宣言

長期
2020年12月までに、日本一のめちゃめちゃヤバイGOODカンパニーになる。
中期
2017年12月までに10店舗達成。
短期
2017年4月までに30分時短勤務体制にする。

  • 2015年4月までに、長期休暇が取れるようにする。

企業/団体情報

企業/団体名 株式会社スニップ
代表者 清水 幸樹
所在地 〒530-0031 大阪市北区菅栄町2-18
電話番号 06-6352-3040
従業員数 55名(※パート・アルバイトを含)
平均年齢 26歳(※パート・アルバイトを含)
URL http://www.familysalon-snip.co.jp/
事業内容 美容室の経営
お問い合わせ